« お花を使った瞑想プログラム | メイン | ☆ 本気のスイッチを手に入れる ☆ »

☆ 記憶の印象を自在にコントロールする ☆

みなさんは、この夏はどのような体験を経験されましたでしょうか?

もしかしたら、楽しくて素晴らしい思い出ができた人もいると思います。
もしかしたら、残念な辛い思い出ができてしまった日ともいると思います。

過去のできごとは変えられませんが、記憶を修正することはできるのをご存知でしょうか?
嬉しい体験は、もっともっと自分にとって素晴らしい印象に変えていくことができますし、
辛い体験は、自分にとっての辛さを軽減することが可能なのです。

今回は記憶の印象を自在に変えていけるメントレをご紹介します。

 まず、嬉しかった体験から行いますので、
今までのなかで自分にとって嬉しかった体験をひとつ思い出してください。
その思い出の1シーンをありありと思い出します。
そのシーンの構成要素を一つずつ変えていきますので、
印象がどのように変わったのかを紙にに記入していきましょう。

 ① まず、記憶の中の場面で、自分が当事者として見ているのか、
  傍観者として自分の外から自分の姿を見ているのかを確認します。
  そして、傍観者として見ていたら、当事者になってみましょう。
  当事者であれば、傍観者の視点に変えてみましょう。
  どのような印象に変わったのか自分で記入しておきましょう。
  視点を最初にの位置に戻します。

② 次に色を変えてみましょう。カラーで見えている場合は、色を抜いて白黒にしてみましょう。
  白黒の場合は色をつけてみましょう。
  また、色のついたフィルターで色を自分の好きな色に変えてみましょう。
  印象はどのように変わるでしょうか。最後は色を元に戻します。

③ 次は明るさを変えてみましょう。どんどん暗くしていきましょう。
  印象はどのように変わるでしょうか。次は明るさをどんどん明るくしていきます。
  どのような印象の変化がありますか。最後は明るさを元に戻します。

④ 次は距離を変えていきます。例えば誰かが一緒に存在するのなら、
  その相手の距離をどんどん遠ざけてみましょう。
  次は、距離を近づけていきます。どのような印象の変化がありますか。
  最後は距離を元に戻します。

⑤ 次は見えている位置を変えていきます。
  登場する相手や象徴するものの位置を変えていきましょう。
  最初はその位置をどんどん上げていきます。次はその位置を下げていきます。
  どのような印象の変化がありますか。
  最後は元に戻します。


⑥ 次は大きさを変えていきます。どんどん大きくしていくとどうなるでしょうか。
  その後、どんどん小さくしていきましょう。
  どのような印象の変化がありますか。
  最後は元に戻します。

⑦ 次は動きのスピードを変えてみます。記憶の中の場面で動きがあれば、
  その動きをスローモーションにしてみましょう。そして一時停止してみます。
  次は、だんだん動きを速くしてみましょう。
  どのような印象の変化がありますか。
  最後は元に戻します。

⑧ 次は音の大きさを変えていきます。その場面で聞こえている音を大きくしてきましょう。
  どのような印象の変化がありますか。
  最後は元に戻します。その後、音をどんどん小さくしていきます。
  
⑨ 次は音の高さを変えていきます。聞こえている音を高い音に変えてみます。
  どのような印象の変化がありますか。
  最後は元に戻します。その後低い音に変えていきます。
  
⑩ 次は音のする位置を変えていきます。音のする位置を近づけてみましょう。
  そして遠ざけていきます。
  どのような印象の変化がありますか。
  最後は元に戻します。

⑪ 自分にとってより効果的に印象を変える要素を活用しながら、自由に記憶をつくりかえてみましょう。
  漫画やドラマの一場面などと合成してみたるなど、自分にとって楽しく嬉しい場面に 
  つくりかえてみましょう。印象がどのように変わるでしょうか。

 やってみていかがでしたか?同じ場面でも大きさや距離、色や音の大きさなどを変えていくと
印象が変わっていくのを体感できたかと思います。
嬉しかった体験は、自分にとってもっと嬉しい体験に変化できることがわかったと思います。
是非、この嬉しさを強化して心に刻んで、それを次への勇気につなげていきましょう。

 次は、自分にとって嫌な体験を一つ選びます。これも先ほどと同様に構成要素を一つずつ
変えていきます。嫌な印象が効果的に変えられるのは何を変えたときなのか見つけていきましょう。
手順は先ほどと同様に行います。
①~⑩までは嬉しかったたきと同様に進めていきます。
⑪ 自分にとって効果的な構成要素を変えながら、印象をコントロールしていきましょう。
もし、必要ならばデフォルメやアニメーションのキャラクターなども活用します。
例えば、自分にとって怖くて嫌な印象の対象を、自分の知っている身近なキャラクターに
置き換えるのです。怒っている相手をドナルドダックなどに変えてみるといったようにです。
これを活用すると、パワフルに印象を変えていくことができます。

 やってみてどうでしたか?
体験した出来事は変わらなくても、その出来事に対して自分の印象や反応が変わったのを
確認できたでしょうか。
辛かった体験を乗り越えて、次へのステップにつなげていくために効果的に活用して欲しいと
思います。

 私たちの生活は、嬉しいことばかりではありません。
時には、嫌なことが起こってへこんでしまうこともあると思います。
そのようなときにも素早く前向きに気持ちを切り替えていくために、
この記憶の構成要素を変えていくメントレは役に立ちます。
ご活用ください。

もっと他にも記憶の印象をパワフルに変えていける方法を
著書「メンタルトレーニングでいじめをなくす」のなかで紹介しています。
もっと知りたい人や心を強くしたい人は、そちらをご覧ください。

About

2007年8月27日 16:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お花を使った瞑想プログラム」です。

次の投稿は「☆ 本気のスイッチを手に入れる ☆」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type
 
Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。
Copyright(C)2006-2008 Fumiko Katoh. All Rights Reserved.