« No.18『ビリーフを変えれば世界が変わる!』 | メイン | 心を元気な状態に切り替える『パワーアップクエスチョン』 »

No.19『悩んだときの答えの導き出し方!』

 みなさんは、何か悩んだときに相談する人はいますか?
適切なアドバイスをくれる人が近くにいれば心強いですが、
なかなか相談できる相手がいなかったり、
いたとしても相手の都合もあったり、
必ずしも自分の意見と同じわけではなかったりします。
そのようなときに、自分にとってベストの答えを導き出してくれる方法を紹介します。
この方法は自分の無意識が持っている力を活用する方法です。
実際の人に相談するのではないのですが、納得のいく答えを短い時間で得ることができます。
自分一人でもできますから、悩んだときの答えの導き方としてご活用ください。

やってみよう!

 一人でもできますが、やり方をマスターするために最初は家族で一緒に体験してみるといいでしょう。
① 一人が自分の解決したい問題で誰かの意見を聞いてみたいことを一つ選び、その状況を思い浮かべてそのときの感覚を感じてもらいます
② その人が自分を客観的な立場から見られる場所にうつってもらい、その状況に適切な助言や応援を与えてくれそうな人など(実在の人でも動物でも自然の中のものでもよい)を3人選んでもらいます。その人にとって安心感が持てたり、尊敬できる対象ならば、歴史上の人物や映画やアニメのキャラクターでも、海や山などの自然物でも、動物でもいいです。
③ 選んだ3人を自分の周りに配置してもらう
自分の位置に対してどの位置にいてもらうかを決めます。
④ 選んだ3人になりきる
配置したそれぞれの場所に行って、その存在に自分がなりきって、その存在から自分にメッセージを伝えてもらいます。声の調子やジェスチャーなど、なるべくその存在になりきって言ってもらいましょう。
⑤ 言葉にならなかったメッセージも表現する
配置したそれぞれの場所に行って今度は、言葉では伝えきれなかったメッセージなどがあればジェスチャーなどで表現してもらいましょう。
⑥ 3つのメッセージの共通点を探す
3人からメッセージが伝え終わったら、もう一度客観的な立場の位置に立ってもらって、3つのメッセージの共通点を取り出して、一つの短いメッセージにしてもらいましょう。
⑦ 1つのメッセージを3人になりきって伝える
⑥で見つけた共通のメッセージを、もう一度3人になりきって、それぞれの位置から自分に伝えてもらいます。
⑧ メッセージを受け取る
最初の自分自身の位置に戻って、3人の存在をイメージしながら、それぞれからメッセージを受け取ってもらいます。そして、そのメッセージが自分の身体の中を広がっていくところを想像してもらいましょう。
⑨ 今の気持ちを確認する
① で最初に選んだ問題に対して、今の気持ちがどのように変化しているのか確認してみましょう。
⑩ 役割を交代して①~⑨まで行う
19-1.jpg

 今回は、悩んだときの対処法をご紹介しました。
この方法は『3人のメンター』というプログラムで、私自身も悩んだときにはこの方法を使っています。
この方法を使うと、頭ではいくら考えても得られなかった答えを短い時間で導き出すことができます。
大人でも答えが得られますが、子どもたちもいじめられて一人で悩みを抱えていることがありますので、是非家庭で親子で試しながら、悩んだときの答えの導き出し方を教えてあげて欲しいと思います。
この方法を親子で体験すれば、子どもが抱えている問題も見えてくるかもしれませんし、
自分で答えを導き出すことが必要なときもありますから、
自分でも解決策を導き出せるようにサポートしてあげてほしいと思います。

About

2007年2月 2日 13:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「No.18『ビリーフを変えれば世界が変わる!』」です。

次の投稿は「心を元気な状態に切り替える『パワーアップクエスチョン』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type
 
Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。
Copyright(C)2006-2008 Fumiko Katoh. All Rights Reserved.