« No.8『感謝の心を育てる!』 | メイン | No.10『自分と相手を大切にするために!』 »

No.9『出会いを大切に!』

 新しい出会いをよい出会いにするのも、悪い出会いにしてしまうのも自分の心がけ次第ですから、せっかくの出会いがお互いによい出会いになるように、そして出会った人たちでよい関係を築いていけるように、コミュニケーションをテーマにしたプログラムをご紹介します。

『7秒の法則』

 みなさんは『7秒の法則』をご存知でしょうか?出会いの第一印象は出会って7秒で決まるというものです。7秒というと、言葉を交わしたとしてもほんの一言ですから、何という言葉を交わしたかということよりも、どのような心で相手と向き合ったのかということが大切であり、その時の心の状態が相手に伝わっているということなのです。この目には見えないけれども、大切な心の状態を体験して理解を深めてみましょう。

① 2人組で向き合います。相手がいなかったら、鏡を用意します。

9_1.jpg② 1人が「私が正しくて、あなたが間違っている」と思いながら、相手や鏡と30秒ぐらい向き合います。もう1人もしくは鏡を見ている人は、そのときどんな気持ちがするか自分の内面を感じ取ってみましょう。2人組の人は役割を交代して行ってみましょう。
やってみてどのような感じが伝わってきたのか話し合いましょう。

③ 次は、「あなたはすごいけれど、私なんか全然ダメ」と思いながら、相手や鏡と30秒ぐらい向き合います。もう1人もしくは鏡を見ている人は、そのときどんな気持ちがするか自分の内面を感じ取ってみましょう。2人組の人は役割を交代して行ってみましょう。
  やってみてどのような感じが伝わってきたのか話し合いましょう。

9_2.jpg④ 次は、「あなたもわたしも、まわりも全てがダメ」と思いながら、相手や鏡と30秒ぐらい向き合います。もう1人もしくは鏡を見ている人は、そのときどんな気持ちがするか自分の内面を感じ取ってみましょう。2人組の人は役割を交代して行ってみましょう。
  やってみてどのような感じが伝わってきたのか話し合いましょう。

⑤ 次は「あなたも私も素晴らしい」と思いながら、相手や鏡と30秒ぐらい向き合います。もう1人もしくは鏡を見ている人は、そのときどんな気持ちがするか自分の内面を感じ取ってみましょう。2人組の人は役割を交代して行ってみましょう。
  やってみてどのような感じが伝わってきたのか話し合いましょう。

⑥ 4つの体験にはどのような違いが感じられたでしょうか。みんなで話し合ってみましょう。
(少し大きめなイラスト)
 心には4つのポジションがあり、これらの体験はそれぞれ4つの心理的ポジションを体験してもらいました。心のポジションは目には見えないのですが、言葉よりも相手に伝わる割合が大きいのです。相手に伝わる割合は、言葉が7%で、言葉以外の表情や声のトーンなどの割合がが93%と言われています。表情や声のトーンなどの根底には心のポジションがありますから、この心のポジションを意識してコントロールしていくことが、第一印象にもその後のお互いの関係性にもよい影響をもたらしていきます。もちろん目指すのは「あなたも私も素晴らしい」というポジションです。この気持ちで接すれば喜びをもたらし、生産的で建設的な行動がとれるようになって相手との関係もどんどんよくなっていきます。試してみてください。

 みなさんは気づいていらっしゃるかもしれませんが、『感謝の気持ち』にはものすごくパワーがあります。私が感じている感謝の力は7つあります。

① 辛いときや悲しいときなども心の状態を良い状態に切り替えることができる

② 相手との関係を更に良くしていく(絆を深められる)

③ 苦手な相手でさえも感謝を伝えることで自分の味方になる可能性が高くなる(感謝してくれる人を敵にはしない)

④ 小さないいことが起こりやすくなる

⑤ 夢の実現へのスピードが加速する

⑥ 心が成長する

⑦ 健康な身体になる

 もしかしたらこの他にももっとあるかもしれません。『感謝する習慣』を身につけて、皆さん自身が沢山の『感謝の恩恵』を感じて欲しいと思います。

About

2006年4月20日 01:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「No.8『感謝の心を育てる!』」です。

次の投稿は「No.10『自分と相手を大切にするために!』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type
 
Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。
Copyright(C)2006-2008 Fumiko Katoh. All Rights Reserved.