« No.4『呼吸で心をコントロールする』 | メイン | No.6『目標を持つとこんなに変わる!』 »

No.5『心の栄養』

 クリスマスが近づいてきました。クリスマスといえばクリスマスプレゼントですが、本当に求めているものは目には見えないものなのかもしれません。今回は、誰もが求めている『心の栄養』について紹介したいと思います。
 身体に栄養が不足すると、病気になったり、やせていって死に至ることがあります。それでは、心に栄養が不足すると、病気になったりやせていって死に至ることもありますが、心の栄養が不足するとどうなるでしょうか。心に栄養がいきわたっていれば、嬉しくなったり満ち足りた感じがしてやる気も向上しますし、ものごとを肯定的に受け止めたり考えたりすることができます。けれども、心の栄養が不足すると、否定的に受け止めてしまったり悲観的な考えが頭を占領し、やる気もなくなり、イライラや憂鬱、悲しみや怒りを感じやすくなります。ですから、心は目には見えないのですが、心にも栄養を与えていくことが必要なのです。

心の栄養を見つけてみよう!

5_1.jpg① 心の栄養になるものは、自分にとって嬉しくなるもので、相手にとっても嬉しくなるものです。どんなものがあるか具体的に見つけてみましょう。(例 笑顔、感謝など)

② 今までもらった心の栄養にはどんなものがあったか考えてみましょう。どんな言葉が一番嬉しかったでしょうか?どんなことをしてもらったとき嬉しかったでしょう。

5_2.jpg③ 次に①で見つけたものの中から、自分のできることを見つけてみましょう。自分のためにできることと、誰かのためにできることの両方を、いつ、どのようにやるのか、それぞれ考えて行動計画をたててみてください。難しいことを考えなくてもいいのです。お金をかける必要もありません。簡単にでできることをみつけましょう。

④ できることが見つかったら、それを具体的に実行してみましょう。
きっと、あなたの心にも心の栄養となって返ってきます。

 最近は、心の栄養を受け取れない人が増えています。言われて嬉しいことを素直に喜んで受け取ることができないのです。これではいつまでたっても幸せを感じることが難しくなってしまいますので、嬉しいことは受け取っていいということを、許可しあっていく必要があるようです。心の栄養がいきわたれば、幸せを感じる時間が増えていきます。幸せは、いかに心の栄養を与え合うかにかかっているのです。親が子どもにできる最高のプレゼントは、心の栄養貯金だと思います。心に栄養がたまる子どもは、その先どんな困難にも打ち勝つ力となるからです。
 心の栄養は循環するという法則がありますから、自分の心だけでなく周りの人にも心の栄養を与えていくことで、周りもどんどん幸せになって自分にも栄養が返ってきます。物質的な豊かさだけでなく、心も豊かな社会になるように、家族や社会で『心の栄養』を活用して欲しいと思います。

About

2005年12月20日 00:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「No.4『呼吸で心をコントロールする』」です。

次の投稿は「No.6『目標を持つとこんなに変わる!』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type
 
Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。
Copyright(C)2006-2008 Fumiko Katoh. All Rights Reserved.