« No.1『気持ちの絵』 | メイン | No.3『心を強くする』 »

No.2『気持ちの切り替え』

 夏休みもそろそろ終わりで、気分を学校モードに切り替えるときですね。休み中ののんびりした生活に慣れてしまうと、学校に行くのがおっくうになってしまいます。「面倒くさい」「行きたくない」気持ちを切り替える実験遊びを紹介します。
 この実験は、気持ちが自分にどれだけ影響しているのかを、身体を使って確かめる遊びです。「頑張れ」と言葉で言って頭で理解するよりも、身体で感じたほうがインパクトも強く、自分のために気持ちを切り替えようと思うようになります。

親子で実験してみよう!

2_1.jpg
2_2.jpg
① 2人組になって向かい合って立ちます。一人は、「振りたくないけど振らなくてはいけない」と思いながら、両手を横に振り、もう一人はその人の手を持って、振りの大きさや重さはどのような感じか観察しましょう。

② 今度は同じ人が、「振りたくて振りたくてたまらない」と思いながら同じように両手を振り、もう一人は先ほどと同じように、手をとって振り方などがどのように違うのか観察しましょう。

③ 2つの振りにどのような違いがあったのか、感じたことを話し合いましょう。

④ 役割を交代しながら、みんなで体験してください。

⑤ 手の振りを日常のことに置き換えてみます。例えば勉強、運動、掃除、手伝いなどに置き換えて、もし気持ちを切り替えたら、楽しさややる気や成果にどのように影響するか想像してみてください。どちらの気持ちで行ったほうが自分にとっていいでしょうか。気持ちの切り替えは自分の意思でできます。

日常の生活の中には、「やりたくないけどやらなければいけないこと」が沢山あります。勉強、運動、掃除、手伝いなどは、時としてやりたくないものにすりかわってしまいます。大人でも仕事や家事などを面倒に思ったり、やりたくないときはありますよね。頭ではわかっているのに、心や身体がついていかないこともあります。「頑張りたくても頑張れない」ときもあります。気持ちの違いがどれだけの違いを自分にもたらしているのかを身体で確認すると、あまりにも違いがあることに驚き、自分のために気持ちを切り替えてみようと思うようです。『頑張れるための気持ちの切り替え方法』を、この実験を通して教えてあげて欲しいと思います。

About

2005年9月20日 00:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「No.1『気持ちの絵』」です。

次の投稿は「No.3『心を強くする』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type
 
Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。
Copyright(C)2006-2008 Fumiko Katoh. All Rights Reserved.