« 元気になる質問 | メイン | 初心を思い出して元気になる! »

自分の心を立て直す方法

 自分の心を立て直したいときに役立つセルフカウンセリングの手法を紹介します。

 新聞やTVでは児童生徒の暴力が増えたことや、
 ネットいじめのニュースが取り上げられています。

 学校という現場の中で、教師が頑張っても問題は次々と起こるのが現実かもしれません。
 そんなとき、自分の心を素早く立て直して問題解決思考に切り替える手法を知っていれば、
 ダメージや感情に流されることなく対処できますから、是非お役立てください。

【問題を解決する6つのステップ】

今から紹介する6つのステップは、そのまま行うこともできますが、パペットを使うことにより、もっと深いレベルでの気づきや発見を促すこともできます。パペットを使う場合は、パペットを左手につけて行います。

 ① 問題点を語る(パペットを使う場合は、パペットの口に語らせ、客観的にその言葉を聞く)

 ② その問題の奥にある肯定的な意図があれば、その意図を抽出する
  この問題を起こすことによって、何を得たかったのか
  パペットを使う場合は、パペットに肯定的な意図は何かを聞いてみる
  例えば、自分に関心を向けて欲しかったとか、本当は認めて欲しかった、
        自分の力を示したかったなど

 ③ 本当はどうしたかったのかと問う(2つの視点で)
  パペットを使う場合はパペットに質問して答えてもらう。なければ自問自答する。
   ・ 問題を起こした相手は本当はどうしたかったのか
   ・ 自分自身は、この問題について本当はどのようにしたいのか

 ④ 望む結果につながるために、どのような方法を行うことができるのか、
  今までとは別の方法を3つ以上考える
  パペットを使う場合は、パペットを相談しながらいくつかの方法を導き出す

 ⑤ 採用する方法を選ぶ
  ④で挙げた方法を、イメージの中で1つずつ展開してみて、うまくいきそうなものを選ぶ。
  もし、全てがうまくいかないように思えたときは、④に戻って、3つ以上探すところから行う。


 ⑥ 新しい方法を採用したとき、どのような展開になりそうか未来をイメージする

 6つのステップは、問題解決に意識を向け、自分の求めている解決方法を導き出すプロセスです。肯定的な意図を見つけるところは少し時間がかかるかもしれませんが、最初にどのような問題でも肯定的な意図があるという前提にたって問題解決を考えることは大きな意味があります。

 また、子供同士のいじめや暴力などは子どもたちの心も傷ついていますので、パペットを使って、6つのステップを子どもと一緒に考えてみることも、一緒に問題解決を考えていく上で大きな援助になります。是非活用してみてください。詳しい方法は、http://happy-puppet.net/をご覧下さい。

About

2010年9月27日 11:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「元気になる質問」です。

次の投稿は「初心を思い出して元気になる!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type
 
Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。
Copyright(C)2006-2008 Fumiko Katoh. All Rights Reserved.