« 『パワーアップクエッション』で気持ちをコントロールする! | メイン | どんなときでもベストの状態で戦う! »

タイムマシンに乗って 成功している自分を見てこよう!

■大切なことは『実現できる』と信じること

 試合の時も、練習の時も最大限に力を発揮するために必要なことは、「自分はできる」と自分を信じて取り組むことです。そうはいっても、「ミスしたらどうしよう」「自分にはそんな力はない」といった考えが頭にうかんでしまって、自分を信じることはなかなか難しい場合もありますよね。今回はそんな場面に役立つトレーニングを紹介します。このトレーニングは「自分はできる」と信じてやる気が高まり、自信を持って取り組めるように未来の成功した自分をイメージするイメージの力を使ったメンタルトレーニングです。
 みなさんはタイムマシンを知っていますよね。恐竜の時代や100年後の未来へ行ける夢のマシーンです。今はまだありませんが、頭の中でなら載ることができます。
 まずは肩慣らしです。準備はいいですか。20歳になった君に会いに行きましょう。

20XX年、ワールドシリーズで大いに盛り上がる球場に着きました。第7戦、9回の裏
2アウト一塁、バッターはなんと、君です。チームは1点差で負けています。ピッチ
ャーはレッドソックスの大エース松坂大輔。カウント3ボール2ストライク、最後の
一球は153キロのストレートがきた! 君は思い切りよくバットを振りました。打球
はぐんぐん伸びてセンターの頭上を越えて外野を転々を転がっている! 君は一塁の
手前で打球の行方を確認すると一気に2塁へ。1塁走者はホームを踏んで同点だ。君
はサードコーチが手を回すの確認すると躊躇することなく3塁を蹴ってホームへ突っ
込んだ。センターから矢のような球が返ってくる。クロスプレーだ。君の足が一瞬早
いように見えたが、審判の判定は・・・セーフ! 逆転優勝です。チームメイトもファンも大興奮。
 ヒーローインタビューで君は少年たちに語りかけます。「どんなときも自分はでき
ると信じることが大切です。あのバスケットボールの神と呼ばれたマイケルジョーダ
ンだって、高校生の時はレギュラーではなかったのだから」
 どうですか。プレイだけではなく精神的にも立派な君が見えましたか。

さあ、今度は練習や試合で自分の力を発揮するために、どんなことをすればよいのか。
ちょっとタイムマシーンに乗ってみましょう。


■やってみよう!

① 何でも叶うとしたら、いつ、何を実現したいか?
まずは、「何でも叶うとしたら、いつ、何を実現したいか?」という質問を自分に投げかけてみましょう。そして「いつ頃、どんなことを実現したいのか」を自分と相談して決めていきます。できればそんなに遠くない将来の目標を決めてください。今シーズンでもいいですし、自分が野球で活躍したい試合を選んでもいいと思います。

② 実現している自分に会いに行く
次は、イメージのなかでタイムマシンに乗って、①で決めた自分の夢が実現しているところを見に行きましょう。タイムマシンがとんでいく日時と場所を決めてください。何年何月何日の時間は何時ごろか場所はどこかを設定します。正確な試合の日時が分からない場合でも、だいたいこの辺りかなというものを仮に設定してもらって大丈夫です。
準備ができたら、イメージのなかでタイムマシンに乗り込んで、自分の決めた未来に飛んでいきましょう。

・そこには何が見えますか?
・誰と一緒ですか?
・服装はどんな服装ですか?
・何が聞こえてきますか?
・自分の声や誰かの声は聞こえていますか?
・何を感じているでしょうか?
・そのときの体の感じはどのような感じがしているでしょうか?

充分に成功している自分をイメージの世界で体験してみましょう。

③ 夢を実現した自分からメッセージをもらう
成功している自分から、今の自分にメッセージをもらってください。成功している自分が今の自分に伝えたいことは何でしょうか?

④ 夢を実現するために何をしているか?
時間を少し手前にひっぱってみます。今度は夢が実現する少し前に行ってみましょう。夢を実現するために取り組んでいるころがいいでしょう。そのときの自分は、夢を実現するためにどんなことをしているでしょうか?

そこまで確認できたら、タイムマシンに乗って、「今、ここ」に戻ってきましょう。

⑤ 今の体験を振り返る
今のタイムマシンで見てきた未来の体験を振り返ってみましょう。

⑥ メモする
今の体験を忘れないようにメモしておきましょう。
ワークシートを活用してもいいでしょう。

・ タイムマシンに乗って見てきたものや感じたこと
・ 未来の自分から今の自分へのメッセージは何か
・ 夢を実現するためにしていたことは何か
・ 今の感想

 やってみてどうでしたか?この方法は、自分のイメージする力を活用して、自分に自信とやればできるという感覚を取り戻す効果があります。実際にやってみると、「なんか実現できそうな気がしてきた」とか「実現したくなってきた」という感想を言ってくださる人が多いので、是非試して、自分の実力を引き出してほしいと思います。
 この方法は、野球での夢を実現するのにも効果的ですが、野球以外の夢を実現するのにも使うことができますから、いろいろな夢で活用しながら、沢山の夢を実現していってください。


■指導者のみなさんへ

 今回のプログラムで子どもたちに届けたかったメッセージは『あきらめないで希望を持つ』ということです。夢の実現を阻む一番の敵は諦めだからです。そして、自分に諦めている子どもたちが多いと感じたので、もっと希望を持ってほしいのでこのプログラムを紹介しました。
 実際に夢が実現したところを、イメージの世界でも見て、聞いて、感じる体験をすると、子どもたちは夢の実現を信じる手助けになるようです。それから、未来の自分からのメッセージも自分を励まし勇気づけるのに役立ちます。
 私が野球のメンタルトレーニングを通して子どもたちに伝えたい想いを詩にしました。

『好きなことをしているときが
 一番学ぶ効率がいい
 だからこそ野球を通して

○ あきらめない心を学ぶ
○ 夢を実現する方法を学ぶ
○ 苦手なことを克服することを学ぶ
○ 問題を解決することを学ぶ
○ 人との関わり方を学ぶ
○ チームとして一つにまとまることを学ぶ
○ 何をしたほうがいいのか、何をしてはいけないのかを学ぶ
 
  いじめをなくすことは野球にもできるはずだ』

 野球のメンタルトレーニングを通していじめをなくす取り組みを本にまとめました。
『メンタルトレーニングでいじめをなくす』(図書文化)発売中。
 子どもたちが野球に費やしている時間とエネルギーを生産的な方向に導けるように活用していただければと思います。

About

2010年6月 2日 21:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「『パワーアップクエッション』で気持ちをコントロールする!」です。

次の投稿は「どんなときでもベストの状態で戦う!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type
 
Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。
Copyright(C)2006-2008 Fumiko Katoh. All Rights Reserved.