加藤史子の「ふと想うこと」


« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月 アーカイブ

2009年2月 2日

☆ 時間の旅ができるとしたら、どこに行きたいですか? ☆


 みなさんは、時間を自由に行き来できるとしたら、
 どこ行きたいですか?

 昨日は、そんなことを可能にするタイムラインを使いながら

 時間を自由に行き来しながら、
 過去の素晴らしかった体験に戻り、そこから
 幸せの感覚をいつでも使えるようなチャンネルをつくったり

 過去のやり直したい体験の記憶を修正して
 自分の制限をとっぱらったり、

 未来にいって、本当に実現したいことを見つけてみたり

 ということをワークショップで体験するセミナーを開催しました。

 私にとっても、このタイムラインはかけがえのないプログラムですが、
 ご参加いただいたかたも、どんどん表情が明るくなったり、
 過去の辛かった経験をやり直すことで
 安心の涙を流されていたりと、
 それぞれの人が、かけがえのない体験をされていたようです。

 あらためて、このタイムラインのすばらしさを感じました。

 素晴らしい体験をわかちあってくださいました参加者の皆さん
 ありがとうございました。

2009年2月 6日

☆ 立春に思うことは? ☆


 みなさんは、旧暦の正月である立春に
 どのようなことを思われたのでしょうか?

 私は、その日は、偶然見たテレビの内容で3回泣きました。
 1回目は、一家心中の新聞記事をテレビで紹介していて
 家族を殺さなくてはいけなくなったその方の人生が
 あまりにも悲しくて泣いてしまいました。
 2回目は、小児ガンの子どもたちが、自分だって辛いのに
 他の子どものことを応援し支えていた活動を知って
 悲しみと感動の両方で泣きました。
 体の病気と反比例して、心がどんどん美しくなっていくというお母さんの
 コメントが印象的でした。
 3回目は、難病の子どもたちの夢を叶える活動で、絵本をつくる夢を叶えた女の子が
 自分も難病なのに、他の子どもたちを応援するメッセージを絵本に綴っていた文章を
 見て泣きました。

 私は、そんなに普段は泣いていませんが、この日は
 声を出して泣きたくなったのです。

 今すぐには無理でも、10年後くらいに子育てが少し一段落したら、
 私もそんな子どもたちを応援する活動をしてみたいと
 自分の未来を暗示するような出来事でした。

 このまえタイムラインセラピーを行ったのですが、
 70歳ぐらいの自分のビジョンを見たときも、
 オードリーヘップバーンが晩年世界中の恵まれない子どもたちのために
 活動していたような映像がビジョンとして出てきました。

 少し先の未来ですが、歳をとるのも悪くはないと思える未来を見つけて
 ホッとしました。

 みなさんは、自分の老後のことなんてイメージしたことはありますか?
 自分の望む未来を見てみたい人には、タイムラインがオススメです。

2009年2月 8日

☆ 心がSOSのとき、どうしていますか?☆


 みなさんは、心の状態がピンチでSOSのときは
 どうしていますか?

 以前の私は、SOSのときだらけでした。
 現在の私は、心のSOSの瞬間は短くなりましたが、
 それでもときどき、ピンチになります。
 
 1歳と5歳の子どもを育てているので
 週末は大変です。
 主人が週末いないことが多く、今週も一人で2人の子どもと
 過ごしていました。
 昨日は、近くの公園で遊んだり、スーパーに買い物にいって
 手作りのクレープを子どもとつくったりと調子良かったのですが、
 今日は、夕方ストレスが爆発し、ピンチに陥りました。

 子どもたちが夕方昼寝して、やっと自分の心の平静を取り戻したところです。

 おもちゃで散らかった部屋を片付けながら、
 この前、友人がメールで送ってくれた詩をよんで
 とっても救われた気持ちになりました。

 山本よしきさんの『ピンチの裏側』という詩です。

 神様は、決してピンチだけをお与えにならない。
 ピンチの裏側に必ずピンチと同じ大きさの
 チャンスを用意してくださっている

 愚痴をこばしたり、ヤケを起こすと
 チャンスを見つける目が曇り、
 ピンチを切り抜けるエネルギーさえ失わせてしまう。

 ピンチはチャンス
 どっしりとかまえて、
 ピンチの裏側に用意されている
 チャンスを見つけよう

 素敵な詩だと思いました。

 今度、ピンチだなと思ったら、
 もっと早くこの詩を思い出したいと思います。

 私が子育て支援のことや障害者支援のことを
 将来やっていきたいと思っているのは、
 自分が、苦しんでいる当事者だからなのかもしれません。

 そして、その苦しみを乗り越えて、
 チャンスに自分もしたいし、多くの人にも
 そうなってほしいと望んでいるからだと思います。


2009年2月15日

☆ コラボレーションしてますか? ☆


 みなさんは、どんなコラボレーションをしているでしょうか?

 私は、今日講師サミット2009というイベントに参加してきました。

 友人に紹介してもらったイベントですが、HPを見たら
 有名な著者がたくさん集めるイベントで
 そんな人たちと会ってみたいと思って参加を決めました。

 行ってみると444名の参加者のエネルギーが
 部屋いっぱいになっていました。

 私が今日一番会いたかったのは、9マス日記の佐藤伝さんです。
 佐藤伝さんがどのような話をされるのか、楽しみで
 それよりもはじめて出会えることが楽しみで
 何日も前からわくわくしていました。

 会ってみると、予想以上に素敵な人でとても嬉しくなりました。
 私は、書きたい本の内容に、佐藤伝さんの9マス日記を
 紹介したいと思っていましたから、そのお話をしてみたいと思っていたのです。
 そして、是非コラボレーションさせてくださいとお願いしたら
 喜んでくださいました。

 強力なサポートを得たような
 とても幸せな時間となりました。

 私のミッションは、世の中に笑顔の人を増やしたいのですが、
 9マス日記とのコラボレーションで
 もっと元気で幸せな時間をサポートできると確信しています。

 夢の実現のわくわくが加速してきました。
 もうすぐ夢が叶いそうです。

2009年2月16日

☆ ワクワクするほう選んでますか? ☆


 昨日の佐藤伝さんとの出会いで一番心に残っているのは、
 迷った時は、ワクワクするほうを選ぶということでした。

 シンプルだけど分かりやすくて
 とても心に残るフレーズでした。

 考えてみると、ちょっと嫌だけど頑張ってしまうほうを
 選んできたような気がしています。
 でも、これからは、ワクワクを基準にして判断してみたいと思いました。

 朝起きて、何を最初にしたいかな?と自分に問いかけました。
 いつもなら、子どもを保育園に行かせるために
 あれとあれをしなくちゃと思ったり、まずは洗濯機まわさなくちゃと
 考えて起きていましたが、
 今日は、昨日佐藤伝さんにいただいた本を読みたいと思って
 5分くらい読みました。

 「感謝の習慣」で人生はすべてうまくいく!という読みやすい本です。

 読んでみたら、最初の5分でも感動して心が熱くなりました。
 感謝することは、大切だとは思っていたが
 こんなに素晴らしいことを生み出しているのかと知ったら、
 いろいろな人にこの本をプレゼントしたいと思いました。
 親とかお世話になっているあの人とか
 大切な人にも、この感動を贈りたくなりました。

 まだ、途中までしか読んでいませんが
 この本を是非、多くの人にも読んでほしいと思います。
 幸せになる秘訣が書いてあるからです。

 今日もワクワクする1日になりそうです。
 伝ちゃんありがとう!

2009年2月17日

☆ DVD発売します! ☆


 みなさんは、世の中にどんなメッセージでも発信できるとしたら、
 どんなメッセージを発信したいでしょうか?

 私は、子どもたちの元気な笑顔を増やしていきたいので
 学校を元気にしたいと思っています。

 そこで、学校の先生や親が、子どもの未来のことを真剣に考える土俵が
 できるといいなと思っているので、今回は
 学校の先生が、保護者のみなさんともっとわかりあって欲しいということを願って
 DVDを作成しました。

 どうやったら、親と保護者が信頼関係を築くことができるのかを
 具体的な方法を紹介しています。
 役者さんがありがちな例と、紹介した手法を使いながら
 わかりやすく演じてくれていますから、私のセミナーを受けているよりも
 もっと分かりやすくつくられています。

 3月にブレインアカデミーさんから発売されますが、
 2月中に予約購入すれば、割引になりますので、
 御興味のある人は、ブレインアカデミーさんにお問い合わせください。

 3巻セットですが、研修に使うのにも最適です。

 今回は、学校の先生向けにつくったものですが、
 信頼関係構築のスキルは、学校だけでなく幅広く使えるので
 家族のコミュニケーション、職場で同僚とのコミュニケーション、
 お客様とのコミュニケーションでもお役立ていただけると思います。

2009年2月27日

☆ 武者修行に出てました ☆


 今月は、少し時間をつくって、武者修行に出てました。
 
 世界的にも有名なミルトン・エリクソンの直弟子である
 ギリガン博士からヒーローズ・ジャーニーというセミナーを受けたり、
 デーケン博士から死生学を学んだり、
 その他にもいくつかセミナーやイベントに参加して
 自分自身のあり方やセミナーのスタイル見直す
 機会を得ました。

 そして、学びが深まっただけでなく、
 そこには、多くの素晴らしい人たちとの出会いもありました。
 こんなに精神レベルが高い人たちもいるんだと
 嬉しくなるような人たちとも出会いました。
 自分もこんなふうにいつかはなってみたい・・・そんなふうに思える
 志が高く、思いやりのある人たちです。

 この旅から確認できたことは、
 誰でも悲嘆するような出来事に出会うけれども、
 それは人生の修行だということです。
 そして、自分のセンターとつながっていれば、
 必ずそれは乗り越えられて、
 乗り越える方法はたくさんあり、
 それを乗り越えた時に、自分は癒され
 人に対しても役立つ人間になれるのだということでした。

 私は、このことをもう少し分かりやすいカタチで
 もっと楽しいカタチで
 もっと心に響くカタチで
 私らしいやり方で、みんなに伝えていきたいです。
 

About 2009年2月

2009年2月にブログ「加藤史子の「ふと想うこと」」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type
 
Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。